大島てる

大島てるの一番怖くてヤバイ物件とは?ワースト1の場所を紹介

みなさん、こんにちは!!
管理人のにゃむです~っ(*’▽’)

 

今回は、事故物件サイトの管理人の大島てるさんの一番怖くてヤバイ物件についてご紹介します!!

 

仕事の都合や心境の変化で物件探しをして引っ越しすることの多い季節近づいてきましたね!

引っ越し先を決める時に、家賃や場所、建物の広さなど色々な条件を元に探すと思いますが意外と一番気がかりなのが「事故物件じゃないよね(;´・ω・)」ってところではないでしょうか!?

 

最近は事故物件関係の映画も公開されましたし、話題になることも多くなり気になる方もたくさんいると思います。

そこで、この記事では・・・

これらについて調べてみました!!

これから引っ越しを予定している方や、将来引っ越しをする時に事故物件の見分け方を知っておきたい方には必見の内容になります!

是非、最後までお読みいただき役立てていただければと思いますm(__)m

大島てるの一番怖くてヤバイ物件はどこ?ワースト1の場所は?

引用:https://twitter.com

大島てるさんは事故物件の情報提供サイトを始めてから約15年以上になります。

今や、その事故物件の情報は海外にまで広がっているのですから開示をまだしていない情報も含めればその情報量はすごく莫大な量ですよね!!

 

これだけ長い間、事故物件に関する情報を見てきた大島てるさんんが一番怖くてヤバイ物件だと思う場所はどこなのでしょうか?

 

大島てるさんが一番怖くてヤバイと思っている物件だけは、絶対に住みたくないですよね?!

「私ならどれだけの大金を積まれても絶対に住まない!!!」と大声で言いたいくらいに怖くてやばい物件が本当にあったんです。

その物件がこちらです↓↓↓

引用:https://www.youtube.com

こちらの物件は、島田秀平さんのYOUTUBEチャンネル「島田秀平のお怪談巡り」という番組内で大島てるさんが歴代ワースト1と紹介した物件です。

 

ここは三階建て+屋上がある東京都内にある小さなビルです。

一見、どこにでもあるような外観なので普通に見えますよね?

 

しかし調べていくと、この小さなビルでは大島てるさんがワースト1というだけあり相当怖くてヤバイ悲劇が起こっていました。

 

では、どんな怖くてヤバイ物件なのか上の階から何が起こったのかご紹介していきましょう。

  1. 【屋上】この建物の住人が、自ら首をつって亡くなっているのが見つかる
  2. 【3F】同居人同士が口論の末、一方の男性がビール瓶で相手を相手を殴ってしまい、結果的に相手の男性が亡くなり傷害致死事件が起きた
  3. 【1F】この建物のオーナーであるおばあさんの住居と職場があるが、ここでオーナーのおばあさんが何者かにより刺殺されてしまった

ここまで読んでもゾッとするくらいに次々に人が亡くなっていて想像しただけでめちゃくちゃ怖いんですけど・・・かなりヤバイ物件だと思いますよね?

 

・・・そして、気になりませんか?2Fの住人がどうなったかを。

 

勘のよい方ならお気づきかもしれませんが、実は2Fの住人は1Fの大家のおばあさんを殺した犯人だったんです!!!!!

 

それなら、「この住人は警察に捕まって塀の中で生きているんじゃないか?」と思いますよね?

しかし実は、この2Fの住人だった犯人も警察が見つけた時には埼玉県の山奥で自ら死を選んで亡くなっていたのです。

 

実に、わずか4年間の間に合計4人の方が亡くなったのです。

事件の内容や流れを時系列にまとめてみました。

  1. 【平成18年4月6日】3階
    建設会社3階の寮で午後10時20分ごろ、頭から血を流して倒れている作業員の男性(56)を発見。
    警察はこの寮に住む同社作業員の男性で(57)が殴ったことを認めたため、傷害容疑で現行犯逮捕。
    2人は午後8時半ごろから同僚2人と酒を飲み、同僚が先に寝た後に2人で口論になったと思われる。
  2. 【平成21年7月5日】屋上
    寮3Fの踊り場で、寮の住人と思われる身元不祥の方が亡くなくなり足立区役所の管理で火葬。
  3. 【平成22年10月2日】1階
    美容室経営の女性(68)が自宅で刃物のようなもので刺され、何者かにより殺されているのを発見
  4. 【平成22年10月某日】2階の男性
    1階の事件現場にあった血痕が2階の男性と一致、また事件前後に現場近くの防犯カメラにも2階の男性が写っていたとのこと。捜査本部はこの2階の男性を参考人として事情を聴く予定だったが、事件発生から6日後の10月8日に埼玉県長瀞町の側溝内で上半身裸のまま水につかっている2階の住人を発見。埼玉県警は自殺と判断。

    ※この2階の男性は平成15年に1階の女性と結婚しており、2人の間で金銭トラブルがあったと考えている。

ここまでくると、偶然とは片づけられない気がしませんか?
何か目に見えないような力でも働いているんじゃないかと思ってしまいます。。。

こういう系の話は、私は本当めっぽい弱いのでここに書いていても寒気がします!!
やだやだ・・・。

 

では、この気になる怖くてヤバイ物件がどこにあるのかについても調べて発見しましたのでご紹介します!!

スポンサーリンク

大島てるの怖くてヤバイ物件ワースト1の場所を特定!

大島てるさんが島田秀平さんの番組内でワースト1にあげた物件ですが、なんせ情報として東京都内で3F+屋上、そして茶色っぽい物件としか分からなかったのですが色々調べた結果・・・分かりました!!

 

それがこちらです。

引用:https://www.oshimaland.co.jp

引用:https://www.oshimaland.co.jp

東京都足立区皿沼1丁目5-4

こちらが大島てるさんがワースト1として紹介していた事故物件と思われます。

そして現在のこの事故物件の現在の様子もGoogleマップで調べてみました。

引用:https://www.google.co.jp

少し前までは資材置き場のようにして使われていたようですが、現在は入居者募集中との張り紙がされていました。

外観の色も、落ち着いたブラウン系のカラーに塗り替えられていますね。

やはり、事故物件の印象を少しでも変えたいという表れだと思います。

 

しかし、大島てるさんがワースト1として紹介している影響なのか入居者はなかなか見つかりそうになさそうですね(;´・ω・)

正直、これだけの方が亡くなっている物件はほとんどの方が住むのを避けるのではないでしょうか?

よほど、オカルト好きだったり事故物件に興味がある方しか住めない気がします。

 

では次は、事故物件に詳しい大島てるさんが教える事故物件の見分け方ポイントをご紹介していきたいと思いますのでご覧ください!

スポンサーリンク

大島てる流の事故物件を見分けるポイントとは?

引用:https://twitter.com

私は、大島てるさんが発信する情報はとても興味があるのでよく見ているのですが、物件を紹介する業者の中には事故物件だという事実を隠してしまう業者が残念ながら、わずかにいるそうです(;一_一)

事故物件と聞くと、「安くなるのが当たり前じゃないの?」と思う方もいると思います。私もそんなイメージを持っていました。

実際に、事故物件はかなり家賃が激安になる場合もあります

しかし、これだと明らかに「ここは事故物件です。」と言っているようなものなので、住む人もなかなか見つかりにくいでしょうし大家さんとして家賃も安くなり収入も減ってしまいます。

そのため、中には事故物件だからといってそれほど安くしていない物件もあるんです。

 

そういったことを無くすための目的としても大島てるさんは事故物件情報サイトを運営しているわけですが、ここではそういった家賃などの分かりやすいものではない大島てるさん流の事故物件を見分けるポイントをご紹介します!

  1. 建物の一部分だけがリフォームされている
  2. 建物の見た目は同じだが、外壁色が変わっている
  3. 建物の名称が変わっている
  4. 売買物件は登記事項証明書から孤独死を予測できる
  5. 明らかに空室なのに「募集していない部屋」がある

事故物件というと様々な理由が考えられますが、例えば火事などがおきた場合だとほかの部屋に比べてその部屋だけリフォームされて新しいというパターンがあります。

また、建物自体が印象に残るようなか外壁カラーだった場合も印象を変えるためにカラーをガラッと変えてしまうことがあります。

先ほど紹介した大島てるさんのワースト1物件も外壁の色が変わっていましたよね。

 

そして、物件経営が破たんして身売りして新しいオーナーに変わって建物の名称が変わっている場合もあります。

もちろん、その事故当時の名称を払拭したくて建物名を変えるパターンも考えられますがオーナーが変わって名称が変更したというパターンもあるのです。

それだけ事故物件になってしまうと入居者が見込めないってことでもありますね。

 

そして、売買物件だと登記事項証明書の相続日が「不詳」と書いているものは要注意です。

これは相続日、つまり前の持ち主から相続した日が分からないということなんです。

もちろん相続した日が前の持ち主が亡くなった日とは限らないのですが、はっきりと分からないということは状況などを考えると孤独死の可能性も考えられるというわけです。

 

最後は、空室なのに「入居者募集をしていない部屋がある」という物件です。

例えば、101号室が事故物件だったとしても102号室に住もうと思っている人に告知する必要はないってことなんです。

ですから、家賃を大幅に下げたり告知をする必要がないように、そもそもその部屋を閉鎖してしまうというパターンもあります。

 

入居して、隣の部屋は明らかに空き部屋なのに入居者募集していないなどというのは要注意かもしれません。

スポンサーリンク

大島てるの一番怖くてヤバイ物件とは?ワースト1の場所を紹介! まとめ

ここまでの大島てるさんの事故物件に関する情報についてまとめていきたいと思います!!

まとめ
  • 大島てるさんのワースト1の事故物件は4年間に4人亡くなっている物件だった
  • 場所は東京都足立区皿沼である
  • 現在は外壁のカラーも塗り替えられていて入居者募集中
  • 事故物件は必ずしも家賃が安いというわけではない
  • 事故物件を見分けるポイントを知っておけば引っ越しの時の役に立つかも!

いかがでしたでしょうか?

もうこの記事を書いていても、本当にゾワゾワしていました(T_T)

大島てるさんのいったワースト1の事故物件の事件内容はあまりにも悲惨で、怖すぎます。

これだけの方が亡くなっていると偶然とはちょっと思えないですよね。

 

個人的には絶対に事故物件には絶対と住みたくないですが、自分の住んでいる物件が事故物件になる可能性もあるかもしれないと思うと・・・もう怖くて仕方ないですよね(>_<)

皆さんも、引っ越しの際には大島てるさん流の事故物件の見分け方ポイントを思いだして、なるべく治安の良さそうで住み心地の良い素敵な物件を見つけて下さいね☆

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m!!